2005年10月21日

第1回学習講演会の報告

NEC_0041.JPG

10月21(金)19:00〜21:00まで

渋谷社会福祉士会の第1回学習講演会が
渋谷区勤労福祉会館で行われ、
ルーテル学院大学の高山由美子先生にお越し頂き、

「地域包括支援センターと社会福祉士の役割」
というテーマで御講演を頂きました。

平成18年より地域包括支援センターがいよいよスタートします。

厚生労働省が考える社会福祉士のイメージと
日本社会福祉士会から提言する社会福祉士について意見交換や
研究会が何度も行われ、現在の形になってきたという
経緯を踏まえ、高山先生から福祉の現場で

ソーシャルワーカー=社会福祉士が期待されている

ということを改めてお伺いすることができました。

設置機関である自治体が、社会福祉士を地域包括支援センターに
どのようにして配置を行うのか委ねられています。

大事なことは、地域に住む利用者からの相談に対して、
「たらいまわし」をするのではなく、
「ワンストップ相談」を行うこと。
そして連携を行い、適切につなぐことです。

自分も今回の講演から社会福祉士としてますます自己研鑽を
していかなければならないと、気を引き締めました。
posted by 事務局 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

山形県 - 確実☆即決せフレ案内所
Excerpt: 登録からお相手検索、待ち合わせまで全てをこのサイトでチェック!
Weblog: 山形県 - 確実☆即決せフレ案内所
Tracked: 2014-04-24 17:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。